Aぇ! groupがくれた嘘みたいな本当の2021夏 〜絶対6人でデビューしよな!〜

サマスペが終わってしまってから抜け殻脱力無気力のくせに社会の隅っこでなんとか酸素をわけていただき生き残っています。ふとした瞬間にあ〜サマスペのあのときのあの瞬間〜と想いを馳せることも少なくないのですが、だいすきなAぇ! groupはわたしにそんな余地も与えないくらいもう未来を見ていてもう次の場所へ六人揃って歩き出しています。彼らを見てると無理矢理にでも前をむかされる毎日です。どっちが大人かわかりません。今月はYouTube月で毎週火曜日は絶対に命を落とすことのないよう安全に家に帰ることが目標となっているので、彼らのおかげで知らず知らずのうちに「健康に生きたい」という気持ちすら芽生え始めました。すごい。ある程度頑張ってみたしちょっとここいらで休憩をという思いで突入した30代だったはずなのに、いま前向きに人生生きてるすごい。

 

ここ最近の彼らですが、もうここではまとめきれないくらいにわたしに宇宙サイズのバカでかい感情と青春を見せてくれています。もう無理。ギブ。てなるくらいに。せめてこの夏起こったそれまじ?少年ジャンプだよね?ということを思い出せる限り箇条書きでメモしておきます。

  • 前回のYouTube月のキャンプファイヤー回、全員が普段は言えないお互いへの思いを明かす場面にて、それぞれがとってもかわいくて素敵なことを伝え合う中、末澤くんが大晴に「大晴はアイドルしたいんやなってずっと思ってたからアイドルのデザインの衣装にしてる、王道で前で見せられると思うし信頼してる」と伝えたらそれを聞いた大晴が「誠也くんのおかげで自分がしたかったパフォーマンスができてる」と自分の気持ちを汲み取ってくれていることを知り思わず目に涙が溢れ上を向く。隠すようにつぶやいた一言「月、キレイやな…」そんなことあります???映画か?漫画か?台本読んでるんか???気遣ったり気遣わなかったり兄弟のような二人の関係性を微笑ましく見つつもたまにマインド大晴になってしまう謎のわたしにも突き刺さる一幕でした。

youtu.be

 

  • サマスペMCにて、YouTube企画で梅田スカイビルで全員でかけたハートロックどこにつける?の話題。ギターケースにつけようと思うとぽろっと言った正門くんにみんなが賛同しはじめ「じゃあ全員のつけようや」となり「それは荷が重いわ〜」と嬉しそうな正門くん。ここでもかなり青春の匂いはしていたのですが追い討ちをかけるかのように「じゃあ秘密の場所にかけようや」と提案するリチャ。映画か?漫画か?わたしたちにすら教えてくれない秘密を作ろうとする青春臭すぎるその台詞に思わず耳を疑いました。無意識青春なんかきみたち…?
  • サマスペのバンドコーナーで使用したアコギ、末澤くん正門くんともに新調したものだったとのこと。先に末澤くんが、持った時のしっくり感で決めたという青のギターを見ていたにもかかわらず、無意識で赤のギターを買ってリハに持って行った正門くん。スタッフさんに「お互いのメンバーカラーが逆になってるのなんかいいね」と言われ気付く。それについて「狙ってたらエモかったんでしょうけど」とのんきに微笑みながら(誌面なのでイメージです)言う正門くん、いやいや、狙ってないから吃驚してるんですこちらは。
  • サマスペ後半のセトリに組み込まれている素晴らしいフォーメーションと演出のダンス曲「Brave Soul」振付演出はリチャ末ということで、これまで頑なに自分のセンターではなく正門くんのセンターを主張していた末澤くん(当の正門くんはセンターは末澤くんの認識でいながら自分と言われればそれも否定しないスタンス)だったはずが、曲中盤にバック含め全員が円を作るその中心に自分と正門くんの背中合わせ〜向かい合わせ〜最前に六人一列、のフォーメーションを見せてくる。言葉こそなかったけれどはじめて末澤くん発信でダブセンの認識があることを伝えてくれた瞬間でした。しかも千穐楽では向かい合わせのあとどちらからともなくグータッチ(手首のあたり同士らしい)で前に向かってきたとのこと友人から報告を受けています。ねえ、これ、ほんとに少年ジャンプでは、ない…??????
  • 正門くん主演舞台「染、色」を観劇した末澤くん、後日楽屋で二人きりになったときに「羨ましいくらいにめっちゃよかった」と伝える。誠也くんのむき出しの言葉はあまり聞かないから嬉しかった、二人きりのときに言うなんてずるい人、と語る正門くん。これが関西Wakerと日本映画naviどちらも正門くんの口から明かされています。「楽屋で二人きりになったとき」の話を我々に教えてくれるそれも二回も、正門くんにとっての誠也くんからの自分に向けたむき出しの言葉。その価値の大きさを感じる出来事でした。ちなみにメンバーだと末澤くん以外は二回見学に来ていて、末澤くんは一回だけの見学なんですよね。あえて大阪公演を見なかった意味があったのかなかったのかはわかりません。
  • YouTube企画エレメント占いにて、まず発表順を決めるじゃんけんから嘘みたいな本当の話ははじまっていました。ラストに残った上位二枠に残ったのがダブセン。そんなことある???(そんなことある???案件ばかりをいま書き連ねています)しかもバランスのとれた距離が必要だと言われる大地と海。我々のダブセンが大地と海。そんなことある???その上一位の末澤くんが引き当てた今後実行するロケ「心霊スポット一泊二日」そんなことある???

youtu.be

  • 正門くんが舞台のため東京からリモート出演していた関バリにて「お互いを褒めよう」のゆる企画。それまで順調だったリモート通話が、末澤くんから正門くんへを褒める番で狙ったかのような突然の悪電波。正門くんの電波が止まったまま褒め言葉を続ける末澤くん「正門はね〜本当にグループのことをすごい真剣に考えてくれてるしグループで話し合うってなったときに率先して意見出してくれたりとか、頼れる存在やなと僕は思ってますよ、頼りにしてますし正門がいて助かるなって部分もたくさんあるので、頼りになる男でs「もしもーーーし」で電波が戻る正門くん。ちょうどそこだけ聞けなかった正門くん、あとでタイムフリーで聞くと言っていましたがあなたいま東京にいるのでradiko有料会員にならないとFM大阪の聞き逃しはお聞きになれません。ちゃんと聞きました?漫画か?
  • そして夏の最後の締めくくり、サマスペ千秋楽8月28日。最年少晶哉ちゃんが全国放送「生放送で満点出せるか 100点カラオケ音楽祭」オレンジを歌唱中流れてくる本人セレクトのメンバーとの思い出写真たち、写真とともに「普段は恥ずかしくて言えないこと、絶対に6人でデビューしよな!」のコメントと、透き通る晶哉ちゃんの声、涙目で見守る小島くん。惜しくも結果は99点でしたがあと一歩届かずの結末ですら漫画なのではないかと疑うほど、彼らの未来へ続く旅の途中を見た瞬間でした。サマスペ千秋楽の日の夜にそれぞれが家で一人で最年少の「普段は恥ずかしくて言えないこと」を知る情緒を心配していましたが、さらに放送後に晶哉ちゃんへ最年長から「6人でデビューしよな」の連絡が来たことを後日WEB連載にてオタクたちへ知らされます。「何度も言うことではない」と以前雑誌で口にしていた末澤くんから晶哉ちゃんへ、「6人でデビューしよな」いやいやいやいやいやいや、漫画か………………?

 

わたしはいちオタクだしなんならまだ生後1年少しで結成前とか知らないし彼らにどんなドラマがあったかなんてまだ全然知らないけど、たったこの夏だけでこんなにも嘘みたいな本当の奇跡が起きていて、でもそのどれをとっても彼らが手にした巡りあわせで起きたことばかりで、いままでそんなに聞いてこなかった特に意識もしていなかった別に強く求めてもいなかった「デビューしよな」を急に言葉にされたら、そりゃしよなってなります。希望のアイデアかばんに詰めたら地図は捨てて行こうってちょいダサ歌詞にもうん行こうなってなります。Aぇ! groupのおかげで人生一回目なのに何度も青春を過ごせています。ありがとね。来年もまた嘘みたいな本当の夏過ごしたいなあ。

 

関西ジャニーズJr. Summer Special 2021〜正門くんがかっこいいと言うだけの記録〜

は〜〜〜〜〜〜〜〜本当に正門くんがかっこいい。いま現在わたしのなかで世界で一番かっこいい。世界で一番嫌って思うところがない。世界で一番わたしのこころをなんの不満もなく満たしてくれる。世界で一番わたしを救ってる。ありがとう正門くん。今年もないかと思ってた夏をとびきりのかたちにして届けてくれてほんとうにありがとう。高校生のブログかとお思いでしょうが一人でも逞しく生きていけそうな立派な大人です。いくつも年下の正門くんに恋してるけど、大人でも許容してくれそうなひとだから勝手に救われたような気になっています。だって浴衣姿の正門くんは絶対わたしを許した顔してたもん。絶対してた。

 

さて、先月末から大阪松竹座で行われていた関西ジャニーズJr. Summer Special 2021ですが、とうとう明日で千秋楽となりました。一ヶ月もの間みんなが健康で笑顔で走り抜けられたことだけでも奇跡だし、それに加え毎公演バカ体力使うこのパフォーマンスを少しの隙も見せず提供してくれて、わずかな休演日には猛暑の中ロケ3本撮りやラジオや24時間テレビやと鬼スケジュールで生きてくれていたこと、本当に感謝、彼らを支えた地球上の水空気父母家族大地にも感謝。いままで滅多と使わなかった阪神電車を駆使していたのでもうすっかり馴染みの路線になってしまったし明日からしばらく使わないなって思うととっても寂しいです。次乗るときは暑い夏の日を思い出すんだろうなあ。いまから目を細めています。きたやまくんからゆるやかに離れて数年経つのですがその間もおこぼれで色々と現場には行かせてもらってはいたものの、担当っていうのがずっとなくて。それが昨年の自粛期間にああなってこうなって気づいたら正門くんに全力で恋してて気づいたら松竹座で涼をとっていた2021年夏です。久しぶりにいわゆる掛け持ちなしの正門くんへ一直線やらせてもらってます。でもなんだか恥ずかしくて担当とはいまだ名乗っていません。名乗り方とタイミング、教えて。

 

でね、前述のとおり正門くんが客席を見る目って本当「許してる」んですよね。みんなを許してる。わたしのような大人ですら。やさしくて包容してて幸福に満ちててすべてひっくるめて許してくれてるような、ただ聖なる正門くんでも時々彼の聖書は破かれていて、そのすこし陰ったところも手の内すべてを見せないところも重々承知の上、許してくれてることに甘えたくなるんですよ。何を言ってるのかはわかりませんがそんな感じです。ラストは純情恋花火という曲を青のいろはの呪文入り柄の浴衣で歌うんですけどこれがもお〜〜〜〜〜世界中の恋という恋をあつめてヒトのかたちにしてみたらこうなりましたの正門くんなんですよ。これは恋。本当に恋。そんな正門くんのソロパート「境内の裏で君に伝える(のちに続くのは 言えなかった言葉好きです好きなんです)」なんですよ。とんでもないし、もっととんでもないのが、このコンサート歌割り発案者末澤くん。とんでもないです。伝えられた。境内の裏で伝えられました。その上アンコールがハチャメチャ音頭というファンサ曲で、浴衣姿で軽率に投げキス片割れハートお手振りと繰り広げる正門くんを見ることができます。世界で一番かっこいい。いい感じに髪も伸び始めてるのでたまに左目が隠れたり汗でウエッティになったりそのビジュアルでおだやかな目線を1階2階3階上手下手左右列とやさしく撫でるように見つめる正門くん。世界で一番かっこいい。

 

どうか明日も明後日も来月も来年も、かっこいい正門くんがいて、それをうれしそうな顔で見るわたしがいますように。そして残り1公演無事に怪我なく幕をおろせますように。おやすみなさい。

 

舞台「染、色」観劇メモ

正門くん、初主演舞台の開幕おめでとうございます〜〜〜〜〜〜!

わたしが昨年正門くんに出会ったのは奇しくも染、色が延期になりましたのタイミング。よかったとも大声で言えないなと小心者のわたしは思っていましたが、実際あのあと、夏の配信ライブと配信舞台があり毎月一本の舞台を作るグレショーが始まり連ドラが決まったりと、コロナ禍といえど目まぐるしいほどの経験値と実力を身につけた彼でまたこの姿を見せていただけるチャンスが回ってきて、やっぱりよかったなって思います。このことに関してはご本人もよかったと仰っていて、その強く前向きな精神力みたいなものには脱帽しました。わたしは正門くんのことをここ最近は「人間の先輩」と呼んでいます。年はいくつも下だけど人間としてのレベルが全然違う。

 

そして一年越しに出会えた舞台「染、色」、関西住所の名義でバカみたいに申し込んで唯一当たったのがグローブ座公演。なんで。そんなことあるんですね。色々と考察をしたくて他の方のブログを漁りたいのですが、あの、はてブロって記事検索できないんですか?どこに検索方法あります?どうやって探すんです?(はてなユーザー1日目の発言)

 

以下夏休み最後の日に慌てて書いたなみの感想文をとりあえず。この感想文には書かれてないけど、書く余裕がなかったんだけど、だから先に言っておくけど、作品とは全然まったく無関係に、いつだって一秒も一寸も狂いなく、正門くんの顔と体は最高でした。

 

続きを読む

あなたは暖かくて過ごしやすい、春なの

一年前の今頃って初めての緊急事態宣言でステイホームだったじゃないですか。わたしも例に漏れず毎日おうち時間だったんですよ。特にすることもなく。したいこともなく。明日も明後日も時間があるってわかってると、本当になんにもしない人間なんだなって自分の怠けっぷりを改めて知る機会にもなったんです。改めて知らせてくれなくてもよかったんですけど。そしていまもまだ同じこと続けてますけど。口ではこんな世の中とか言ってた気がしますが、実はわたしにとってはそのおうち時間そのものは全然まったく苦ではなかったんですよね。振り返ってみると。むしろ楽しかったなって思ってます。なんにもしなかったくせに。

だけど、ひょんなことから出会ってしまったAぇ! groupと正門くんのことを調べ尽くすことにだけは、一生懸命向き合っていた気がします。同じ正門くんちがう正門くん新しい正門くん、と超スピードで知識を備え気づけば空が明るくなって鳥が鳴き始めてた、これ、いい大人が、ガチで毎日続けてました。

こんなに年下の子に夢中になることは初めてだったんですけど、不思議と年下の子を見てるって感覚にもなれなくて、せめて若い子にかわいいってくらい思いたかったんですけど、そんなんでもなくて、しっかり男として認識してしまっていて、なんかものすごく悪いことしてるみたいな気分だったんです。毎日のように連絡を取り合う仲のいい友人たちにこの状況をどう告白しようか戸惑いもあったんですけど、でも案外だれもなんも気にしてなかったことを覚えてます。勇気を振り絞って打ち明けたのに、そのあとも会話が水のようにさらさらと流れていくのです。正門くんにはまったと言えば、うんもうそれはしょうがないよ、と返される、みたいな。お言葉に甘えてそのままさらさらと流されさせていただき、巡り巡って、また4月。また緊急事態宣言。またおうち時間。国はおんなじこと何回やってんのよって感じですけど、毎日毎日正門くん見てるわたしも、おんなじこと何回やってんのよって感じです。

正門くんと迎える二度目の春。もう春夏秋冬すべての正門くんを見てきたわけです。はじめての正門くんをたくさん知って浮かれた春、歌って踊る正門くんに満たされた夏、正門くんが生きてることをこの目でたしかめた秋、いつまで半袖着とんねんと言わせてくれた冬。こんなにも心を満たしてくれるのに、一年かけてもすべてを知ることはできなくて、むしろその楽しさを知ってしまったような、もう後には引けないような、そんな感じです。満たされるのにまだ満たそうとしてくるのは、次々と溢れ出る正門くんがすごいのか、次々と容量を空けるわたしの心がすごいのか、まあどっちでもいいんですけど楽しいです。こーんなにぽやぽやしてるくせに見えないスピードで次の場所へ進み続ける正門くんだけど、ちゃんと置いていかず連れてってもくれてるので、生命保険かけてないけどまあしばらく怪我することも死ぬこともないかなって、なんか信じてしまってます。こんなに無防備にアイドル応援するのは初めてで、掛け捨てでもやっぱり生命保険かけるべき?て思うけど、でもなんかやっぱり必要ない気もしています。そんな感じです正門くん。あと多分何かあってもよっぽどでない限りなんとかなる力を持てるくらいわたしは大人になってます。

 

こんなふうに世界からは完全に目を背けているわたしですが、正門くんの健康と主演舞台の幕開けだけは祈ってます。健康第一。約束ね。

 

 

愛に触れた記憶が 木霊している

愛すべき KAT-TUN、デビュー15周年おめでとうございます。遅ればせながら15周年大阪公演の前日に慌てて書いています。困惑する世界とは裏腹にすっかり他の子たちに心を奪われ夢中になって楽しい生活を送らせていただいていますが、そんな風にいま過ごせているこのわたしの血も骨も細胞も体もそうすべてはKAT-TUNから始まり形成されているのだと、感謝の気持ちをこの15周年に寄せて。先日の配信ライブも、酸いも甘いもいつもすぐそばで共有した友人と見るKAT-TUNはまた格別でした。この期に及んでまだ泣くかというほど我ながら淀みのない綺麗な涙もちょちょぎらしました。かっこよかったし、かわいかったです。

 

懐かしく甘酸っぱい過去の曲も、姿形こそ変わったけれど、それでも亀梨くんの言っていた「他のメンバーの声が聞こえてきた」とおり、当時の雰囲気を残しつつ見せてくれたことが、意図したことだったのか自然に起きたことなのかはわかりませんが、とってもとっても素敵でした。印象的だったシーンは色々とあったのですが、散々話題にもなった最新曲カップリングのFlashbackですかね。お涙ちょうだいの演出は押し付けがましくてそんなに好きじゃないんですけど、今まで散々お涙ちょうだいの雰囲気になっても絶対の絶対の絶対にオタクに涙を見せなかった超絶絶対俺亀梨完璧精神を貫いていたカメが、うしろを向いて涙を拭った一幕が、あったんですね。心の中のダムを鉄のストッパーで死ぬ気で支えていたのに、その鉄のストッパーがようやく少しだけはずれたんですね。たまにはずれてもいいから、そろそろ鉄じゃなくてもうプラスティックくらいに替えてもいいんじゃないかと思います。だってきみにはもう絶対に守ってくれるお兄さんが二人もいるから。

あと特記しておきたいことといえば最後の挨拶での上田くんの言葉「この二人にも他に選択肢があったはずなのにここにいてくれる」これはもうまじでそう、と思いました。出ていくひとたちに出ていく強さを備えてしまったのは紛れもなく彼ら自身なんですけど、はたまたそれを見送ってきた三人がいま見せてくれているのは、出ていく強さも持ってるのにあえてここに居続ける強さなんですよね。あ〜も〜泣けます。

 

www.youtube.com

不確かな明日が今日より光れと願って 明けない夜を耐えるほどに虚しくて
終わることない迷路みたいで 進む意味 見出せなくて
出口は何処だ?

古のセトリをぶち込みオタクの情緒を散々振り回しておいて、本編ラストを最新のRoarでしめて誰の口をも黙らせるところ、過去色々なことがありましたがいつなんどきも未練を見せず絶望すら含ませ前へ行くところ、本当変わってないなって思います。こんなに綺麗事を言わず後ろ向きに前を歩く人たち知らないし、絶望も悲しみも負った傷も二度と味わいたくないことばかりなはずなのに、それすら武器にして従える彼ら、かっこよすぎませんか。

 

2006年からのわたしとカツンを振り返ろうと思いましたが「幸福から絶望そして未来へ」というタイトルの超大作の論文になるのでやめておきます。何事もなく安全に15周年ツアーが結びますように。これからもわたしの血と骨と細胞と体として生き続けてください。