君からのYELLというとんでもない曲をジャニーズJr.に歌わせる大罪

昨日はAぇ! group*1のライブ映像と記念すべきジャニーズJr.チャンネル第一回がアップされ一日中家にいたほぼフリーター状態のわたしは夕方から就寝前のいまのいままでテレビとパソコンとスマホすべて駆使し行ったり来たりの素晴らしい時間を過ごしています。あまりに一日の情報量としては多すぎますが、オタクたるもの好きなアイドルの最新映像くらい全部もれなく見たらんかい!ということで全部ね、本当に全部ね、余すことなく端から端までみました幸せでした正門くんの顔が好きすぎました食べたおいしかったごちそうさまでした。

 

ところで今日わたしが言いたいことは表題そのままなのですが(秒数指定済み)

youtu.be

 

昨年11月にオリックス劇場にて行われた「Aぇ! group "Kansai Johnnys' Jr. DREAM PAVILION STARTING NOW 413 -Are you ready?-" 」本編の終盤で歌われたこちら「君からのYELL」です。ド新規なりに素顔も見ていたので曲も歌詞も正門くんのギターが光ることも知ってはいたのですが、生で見るとなお、そして時を経て鮮明な映像で見るとなお、なんていう曲を歌わせてるの???????案件なのですよ。

もちろん昨年11月はコロナ禍真っ只中でもあったため客席から声を届けることはできず拍手のみのレスポンスしか許されませんでした。本来黄色い声援を送ってあげたかったオタクとして歯がゆい思いもありました。届けたいものが届けられないそんな環境のなか彼らは「君からのYELL」を通して届いてるよとわたしたちに向けて教えてくれているのです。みて正門くんのギターを弾きながら二階三階まで見渡す儚くも力強くそして世界中のやさしさかき集めたかのような顔を。神様、わたし正門くんとAぇ! groupに出会えて幸せですと、それがわたしからのYELLです受け取ってください。

 

あとこの数秒間で何がいいかって、末澤くんが大晴の肩を抱いて二人で歌い出しを担ってるんですけど、そのあと末澤くんは正門くんの隣にそれはもう冷静なスンッとした顔で今度はすえのり仕様に秒で切り替えるんですよ。Wセンターともなると合図もしない仲良しな演出もしない目も合わせないそれで成立しちゃうんですよ。アーーーーーーーーッ!無理。しんど。この二人いまもう十分大人として安定してるけど今後これ以上尖った感じ見れる?見たいんだけど見れるかな?二人の距離感はくっついても離れてもどちらでもいいんだけど、期待しちゃっていいかな?密かに、昨今のジャニーズJr.にはあまり見受けられない最強シンメ枠を夢見てます実はすえのりさんで。ベタベタのツートップ好きが出過ぎていて恥ずかしくてあんまり普段口には出せないんですけど。

 

「白く光るスポットライトに 憧れ続けてここまで来たけど 目指している背中遠くて夢を見る勇気枯れちゃいそうだ」と弱気な歌い出しに続く、ほんのすこしだけ前を向けたような「見つけてくれた僕の背中にも 小さな羽が生えているの」なんですけどね、そのうれしはずかしすえのりさんが二人で歌う歌詞が。まだすこし弱気で、控えめで、それでも誰かが自分を見つけてくれている今ようやく前を向けたというような。そして続く「きっと僕はもっと僕は高く飛べるはずさ君がいるから」、え?泣けません?この歌詞を、まだ誰にも認めてもらえていない未来を毎日必死で追いかけている最中の彼らに歌わせるとか大人が大罪犯してませんか?

 

この意味を深くまで考えすべて理解して歌っているわけではないと思うしむしろいまはまだそう願いたいけれど、いつの日かその場所まで飛べた日に、ふとこの曲を思い出し何かを感じてしまったときの正門くんとAぇ! groupを思うとしんどすぎて死にそうになります。それを助長するようにいつもは比較的控えめな小島くんのキーボードの音色まで、皮肉にもこの君からのYELLの大サビになると胸を突き破る勢いで高く鳴って、ここでいよいよ本格的に心臓がこわれそうになっちゃうんです。本来アイドルはYELLを届ける側だと認識されがちですが、君からのYELLに関してはあえて「YELLを受け取る側」なんですよね。まだあの場所へ向かっている彼らだからこそ、あえて。夢見たあの空大きく羽ばたきたい、君と一緒に。そしたら今度はわたしたちが受け取りたい、君たちからのYELLを。は〜〜〜〜〜〜Aぇ! group宇宙一いとおしだいすきすぎる。おわり。

*1:!とgの間に半角スペースを入れるのが正式だということを御恥ずかしながら今日知りましたごめんなさい

Aぇ!group結成二周年を、つかまり立ちの赤子が祝う

Aぇ!group結成二周年おめでとうございます〜〜〜〜ひゅ〜〜〜〜!

大人になるにつれてあっちもこっちも楽しみたいゾーンに入ってきていることには薄々気づいてはいますが、地獄の自粛生活に暇さえ感じないくらいの眩しい彩りを添えてくれた彼らのことはこの先もしばらくは見ていたいなあと変わらず思っています。二周年をお祝いしていながらかくいうわたしはまだ彼らを見つけて8ヶ月のつかまり立ちもままならない赤子です。だけどそんなド新規にも過去を知らないことでの肩身の狭さを彼らは一度も感じさせず、それすら忘れるくらいの猛スピードと大喧騒でひっぱってここまで連れてきてくれたその勢いとパワーに、ひたすら感心しそして感謝の気持ちでいっぱいです。ほんと、こんな仕事しかしてなかったつまらない女の日常を、信じられないくらい騒がしく楽しくしてくれて、ときには女にさせてくれて、あるいは母にさせてくれて、ありがとうな、という気持ちです。記念日やなんやらをいちいち覚えて思い出してとするようなタイプでは多分なかったはずなんですけど、こんなの見せられたらわたしの情緒も簡単に揺らぎます。

 

j-island.net

j-island.net

 

宇宙一いとおしAぇ!group〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

わたしは正門くんが好きで正門くんの顔と正門くんの体と正門くんの声と正門くんのすべてを第一優先に見てるけど、その正門くんの日々生まれ変わる細胞を一寸の狂いなく明日も明後日も正門くんのまんまで生成し続けてくれているのは、正門くんのお母様と他でもないAぇ!groupのみんなの力だと思っているので感謝してもしきれません。二周年ほんとうにおめでとうありがとうThank youカムサハムニダ謝謝。

 

オタクの悪いところは、すぐに過去を引き合いに出し懐かしんだり、確かじゃない未来を勝手に悲しんだりするとこだと思ってるけど、それらをすべて杞憂に終わらせる勢いと元気が彼らには備わっていて、不安なものはなんにも見えなくさせるくらいの鬼速いスピードを出しちゃうところ、最高にイカしてると思ってます。昔はこうだったからきっとこうだとか、昔はこうだけど今はこうだとか、そんなことではなく、2021年を生きるAぇ!groupだから、2021年を生きるわたしだから、今「なう」なんですよ。

f:id:muzai:20210218194523p:plain

 

j-island.net

 

思い出はいつもきれいだけど、それだけじゃおなかがすくってこと、大人になったわたしに教えてくれたのは、まぎれもなくAぇ!groupです。2021年大阪城ホール単独コンサート、待ってます。仕事してくれるわたしの情報局名義も、待ってます。は〜〜〜〜〜来年のAぇ!groupと正門くんとわたしがいまから楽しみです。あといつも相手してくれる友人たちにもありがとうを。(小脇に酒抱えつつ)

 

 

手頃な夢を食べさせてもらうことにした

「死なん程度に無理してオタク」を小休憩を挟みながらいまのいままで15年くらいやってきて、実際に死にそうになったことはないながらにも社会的には死にそうになったことが何度かあって、ただそれにも負けずわたしは「死なん程度に無理してオタク」を貫いてきたんですよ。ただこんな世の中になって大好きな人たちが苦しめられそれによりオタクも苦しめられ、みんなが悲しい思いをたくさんしてきた2020年、「死なん程度に無理してオタク」なんてこともいよいよ言ってられんところにまできてしまったようです。

 

こんなタイミングであえてこの選択をしたのは自分ですけど、わたしはこの15年ほど、オタクは休み休みでやっていたくせに、自分の中のしょうもない真面目なところが働いて仕事だけは休みなく毎日全力で続けてきたんですよ。こんなに怠け者の自分がまさかと思うんですけど。強気でカツンを追っていたときも、あらかじめ現場のあとは天候で電車が遅延することも考え始発で会社に直行する予定を組んだり、アンコールの何曲目で抜けてこの道順で走ってここでタクシー捕まえるって想定をしたり、もっとも遅延の可能性のある夜行バスは絶対に使わないってルールを決めたり、仕事に穴だけは絶対に開けない精神のもと距離など関係なく遠征しまくっていて、こんなに多忙なオタクと朝から晩までの社畜を両立し続けたわたしえらいなって自分で思います。で、まあ、コロナもあるし、年もとったし、体もいためやすいし、数年振りに未来を追いたいと思える子たちにも出会えたし、女として生まれたからには子を産み落とすことくらいもしてみたいし、この先もだらだらと続いていく人生を考えたときに、もう少し「わたしがわたしのために使える自由な時間」があってもいいんじゃないかと、もう少し「好きなものを好きだとゆっくり紡ぐ時間」があってもいいんじゃないかと、思ったんですよ。

 

というわけで、長らく続けてきた会社員という縛りから解かれる決意をしました。好きなときに好きな仕事だけを受けて好きなぶんだけ稼ぐ、好きなことをあきらめないし、好きな子たちの向上心を上げてあげる人生に切り替えることに、決めました。楽して稼ぐ、いわゆる個人事業主、かっこよくないですか。がむしゃらで働いて身も心も痛めつけながら力を備えここまで来てくれた自分に、人生でもっともきらめく20代の時間を少しの余白なくキチキチに詰めて生きてきた自分に、ありがとうとおつかれさまを。今度は40代の自分へ向け*1、ほんのすこしの余白を楽しめるよう、わたしは次の場所へ行きます。一緒に年とっていこうな?*2

 

*1:やばいな40代に向かってるのわたし?オフ会行っても烏龍茶倶楽部の小娘だったわたしが?

*2:正門くんがそう言ってくれた

両想い?令和2年に正門くんの24歳のお誕生日をお祝いする

景色も見えない時速1128kmの速さで転がり落ちた先の正門くんが、11月28日に24歳のお誕生日を迎えたみたいです。ジャニオタ歴うん年人生うん年生きてきて、まさか2020年が見たことも聞いたこともないこんな世界になっていて、それでも呑気にHappyにまだ未来を見たいと思える人たちに出会って、まだときめくことができていることに、驚いてるし信じられないでいるけれど。世界がこんなことになっているときに、柔らかく笑ってやさしく寄り添ってそしてなんにも難しくない顔できゅるんとわたしの日常を変えてくれて、そんな正門くん、24歳のお誕生日おめでとう。

 

誰にも忖度しない、誰になにを言われても怒りや苛立ちとかの感情は死滅してるのかと疑うほど、いつでもどんなときもやさしくて誠実で同じ温度同じテンションでまっすぐ向き合うことのできる心地いいテンポの正門くん。そんな人格に加え、あの癖つよAぇ!groupから出るわ出るわの限りないボケをひとつずつ丁寧に拾って解説してあげる真面目さも、加速しすぎたスピードを調節してあげるコントロール能力までも持ち合わせる正門くん。いまどき令和の時代にこんな人がいるのだなと感心するのだけど、かと思えばステージの上では豹変して雄になる姿があったり、突然やや独占欲の強い重めの愛を押し付けてきたり、かわいい顔の子にえこひいきしちゃうずるさもあって、かわいいやかっこいいや面白いだけでは全然足りない、ん〜〜〜〜〜もう〜〜〜〜〜正門くん〜〜〜〜〜〜!という初めて感じる名もなき感情を教えてくれた正門くん。

 

いつなんどき安定した情緒を持つ強くやさしく逞しい正門くん、多少は傷つけられながらもその傷にすらやさしく笑う正門くん。悲劇や絶望は未来永劫絶対に訪れないことだけをただただ願い、わたしは正門くんの未来を応援してる。

 

両想い?両想いに決まってる!

 

 

 

 

関西ジャニーズJr. DREAM PAVILION STARTING NOW 413 – Are you ready?- 11/18 . 11/19公演

聞いてください。昨年の東京ドーム8.8祭りがきっかけで勢いで入会した情報局が初めて、ほんとに初めて、え?わたしのこと見えてる?見えてないよね?ここにいるけど?ずっとわたしここにいるけど?と疑うほどいままで払っていた金は一体どこへやらのこの名義が初めて、役立ってくれた記念すべき「関西ジャニーズJr. DREAM PAVILION STARTING NOW 413 – Are you ready?-」にありがたくも二公演参加させていただいてきました。念願の自名義で合法で会えたAぇ!groupと正門くん。きらきらきら〜〜〜〜。

 

びっくりするくらい知らない曲が多数だったけど、Aぇ!groupの若いのにすごいところは、誰も置いてけぼりにしない騒がしさと勢いと、そしてときおり見せる真面目さとやさしさだと思うんですよね。同じ時期に転がり落ちた友人とともに改めて実感させてもらえた時間でした。さてそんなこんなで2020年の空白の二ヶ月と呼ばれる自粛期間をまるで空白とは思えないほど正門くんの沼に周りの景色も見えない時速1128kmの猛スピードで転がり落ちたわたしがめちゃくちゃギリギリの幸運を握りしめ*1気がついたらオリックス劇場の秋風に吹かれていた話。

 

*1:なんてったって幻の復活当選。都市伝説だと思ってたけどそんなことあるのね。

続きを読む